家電製造のバイトって?どんな仕事をするのかなど

自分でやりながら覚えていく

エアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機など、家電製品を製造する工場ってありますよね。家電製造の工場は、家電の組み立てをしたり、異常がないかチェックしたりするのが主な業務です。しかし、たとえば飲食店のように作業がマニュアル化されているわけではなく、その都度組み立て方や検品の仕方というものを覚えていきます。つまり作業がマニュアル化されていないのです。家電製造の工場バイトは、自分でやりながら覚えていくんですね。

大手メーカーの工場とそうでない工場

家電製造の工場は、大手のメーカーが運営している工場と、中小規模のメーカーが運営している工場とで、業務内容が少し変わってくることがあったりします。大手メーカーの製造工場では、最初に配属された担当の部門でずっと作業をしていくことが多いのですが、いっぽう中小規模のメーカーの製造工場では、いろいろな工程の作業をすることが多いです。中小メーカーの工場の方が、そういう意味ではいろいろな作業経験を積むことができるかもしれませんよ。

どんな人が向いているか

工場というのは、大きければ大きいほど敷地面積を必要とするので、基本的には郊外にあることが多いです。最寄駅からも離れているので、通勤にちょっと不便があるかもしれません。工場によっては無料送迎バスを出していることもありますね。ときどき残業をすることもないわけではありませんが、基本的に定時に始まって定時に終わるという、かなりきっちりした勤務体系が特徴です。黙々と作業をするので、人と話すのがあまり得意ではないと言う人には向いている仕事かもしれません。

工場の求人を見る際に大切なのは、勤務時間です。日勤なのか交替勤務なのかしっかり見定めることが大切です。