介護が必要になる前に知って得する手続きの流れ

介護保険イロハのイとは?

介護保険は40歳以上になると自動的に加入対象になり、65歳以上の第1号被保険者と健康保険に加入している40~64歳を第2号被保険者と定めています。第1号でなくても条件を満たせば介護保険サービスの対象になり、65歳以上では介護保険証が65歳になった時点で自動的に届き、65歳未満では介護認定を受けると介護保険証が認定通知証とともに郵送されてきます。条件とは特定疾病で老化による原因が考えられる限られた疾病が対象となります。

介護認定の特定疾病とは?

身近な病気で末期がん・脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)・慢性関節リウマチ・パーキンソン病関連疾患・初老期の認知症などがあり、骨粗鬆症による骨折など高齢者に多い疾患が並んでいます。慢性閉塞性肺疾患のような気管支喘息・肺気腫・慢性気管支炎なども含まれ、必ずしも脳の異常や足腰が弱る疾患だけとは限りません。但し、当てはまっても生活に支障がない程度では認定が下りるかどうかは相談・申請してみないと判りませんので注意が必要です。

介護保険サービスを受けるには?

要介護認定で意見書を書くかかり付けの主治医を選定しますが、いなければ地域包括支援センターで選定しますので近くのセンターへ相談します。市区町村の窓口(介護保険担当窓口)に行って申請しますが、地域包括支援センターや居宅介護支援事業者などでも代行して申請出来ますので、最初から市区町村窓口に行くよりも、地域包括支援センターの総合案内を利用して相談してからの方が、今後の流れの上でもベストです。認定調査のコンピューター診断・主治医の意見書・訪問調査員の特記事項から介護認定が必要か判断します。

介護の派遣をする事によって、介護施設に雇用されるよりも良い待遇で働く事が出来ますので、高待遇で働く事が出来ます。