ムダを無くし効率化!無線フォークリフトシステムのメリット

呼び出しが確実になり無駄な時間を削減

工場でフォークリフトを利用する際は、生産ラインから直接電話で指示をすることが一般的ですよね。しかし、無線呼び出しシステム を活用することで、確実にフォークリフトに連絡がいき、連絡忘れや連携ミスを防ぐことが可能です 。また、フォークリフト運転者はモニター上でどのラインが 依頼しているのかが分かりますので 効率的に作業が可能です。このように、無線システムを活用すると確実に連絡が行きますので、手配ミスなどによる無駄な時間を削減することができますよね。

運転上のリスクを低減できる

電話連絡が主体のフォークリフト手配では、連絡ミスにより 複数のフォークリフトが運転する事態になりかねません。そうなると、フォークリフト同士の接触やラインスタッフとの接触事故等が発生しますので運営上の安全性に問題が生じます。無線システムを利用すると、アイドリングしているフォークリフトだけを確実に呼び出すことが可能ですので 安全上も問題なく運用することができます。工場全体の安全性向上にも寄与することは嬉しいことですよね。

最適配置や運用にも利用できる

無線のフォークリフトシステムを活用すると運用上 のデータを残すことが可能です。呼び出しから到着までの時間や、ラインごとの作業状況の特性を、ログデータを元に様々な改善計画に利用することが出来るのです。例えば 、フォークリフトの台数の適正化や、配置計画の変更などに活用すれば、ランニングコストの削減にも繋がるのです。このように、フォークリフトの稼働状況のデータを蓄積することで より効率的 な工場の安定稼働が望めます。

フォークリフトの求人は、フォークリフトの需要が増えていることから、同時に求人も増えています。資格を活かすことができます。