子育ての時間も守っていける!在宅勤務の雇用のこと

母親としての自分と社会人としての自分

妊娠と出産を経て、少ししたらママたちはこれから仕事を復帰するかどうかの選択を迫られますよね。ママたち個人の問題ではなくて、旦那さんの考え方や子供の世話はどうするのか、誰が見るのかなどの問題をクリアにしなくてはなりません。社会人として外に出て仕事もしたいけれど、ママとしての自分も大切にしたいし、子供を外に預けるのも心配、そんなジレンマを抱えている方は多いと思います。今までならどちらかの自分を犠牲にしなくてはならなかった人もいるはずです。

在宅という働き方とインターネット

女性の働き方もママさんたちが子供だった頃と今では大きく様変わりしていますし、多様化しています。昔は普及していなかったもので今は当たり前のように普及しているものと言えばインターネットですよね。インターネットの存在があったからこそ、新しい在宅勤務というワークスタイルも可能になりました。企業からサイトを通して仕事を受注してプログラミングやサイトデザインなどを行うクラウドソーシングなどがよく知られていますね。

在宅勤務を取り入れる企業

これまで在宅ワークというと、内職やアルバイトのような形態がほとんどを占めていました。会社でバリバリ仕事をしていたタイプの女性ならそれでは自分の評価をあげたり仕事のやりがいの面などで物足りなかったかもしれません。ところが、最近大手企業でも女性の雇用と優れた人材の確保のために在宅勤務に切り替えて働き続けることができるようにしてくれるところが増えているんです。これならキャリアを犠牲にしなくてもいいですし、一週間に少しだけ出勤して確認などを行うだけなので子育ての時間も守っていけますね。

主婦のパートタイムで働く業種にはスーパーのレジ打ちやパン屋も朝からパートの方が沢山働いています。時間も子供が学校に行ってる間など融通もきくところが多いです。